スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーヒロシブラザーズ


すっかり寒くなりましたね
新潟はもう冬到来って感じです
皆様カゼなどひいてはおりませんでしょうか。
喉からカゼをひきやすいヒロシは、部屋を加湿し、空気清浄機で空気をクリーンにし、ナノイーでさらに除菌し、掃除機もこまめにかけてハウスダストを排除し、寝る時にはマスクをして寝るというカゼ対策をしております。
ちなみに寒空の下外仕事も多いヒロシは、上下ともにヒートテックで完全装備。
上下別れてはいますが、完全に全身タイツ状態でございます


そしてこの前の日曜日、ずっと新潟は雨続きでしたので曇ってはいましたが店長と二人で寒空の下、アンテナをつけて回っておりました。
18:00に疲れきり、手を真っ黒にしながら自宅に帰ってきたところ、見慣れないキャラクターが我らがダイニングテーブルの上におりました。


僕の弟の琢磨が息子の陽希(はるき)を連れて帰省していたのでした。
しかもアポ無しで二人きりの急な帰省。
嫁さんを置いてきたのは育児ノイローゼにならないようリフレッシュしてもらおうとの琢磨の優しい配慮とのことでした。
あんなに自己中で、「我が我が」だった弟が・・・人を思いやるだなんて・・・大人になったものです。


そして夕飯なのですが、琢磨は「餃子!餃子!餃子でなければここを一歩も動かないからね!」と本人の正当性を主張。
とにかく餃子バカなのです。(興味ある方は5月のブログを参照下さい)
ヤレヤレだぜ・・・。
僕は琢磨と二人で餃子の皮を包むことにしました。


しかし、そんな状況にも関わらずテーブルから降りようとしない陽希。
「おいおい注意してくれよ!これからここで飯食うんだぜ!」
注意せずにはいられませんでした。
しかし琢磨は注意するのかと思えば陽希の背後から何やら指示を出している様子・・・。
琢磨&陽希

すると陽希、箸を両手に持ってスクッと立ちあがりました。
陽希_01
そしてノリノリに陽希ワールドに突入!その背後で素知らぬ顔で餃子の皮を包む弟。
まるでこの状況を楽しんでいるかのような・・・。
陽希_02

そして悲劇は起きてしまったのです。
僕が疲れた体に鞭を打ちながらも丁寧に包んだ餃子を、陽希は引き裂いてしまったのです。
餃子
これはいけません。
見て見ぬふりを続ける弟に替わっておじさんが教育をしてやらねば・・・。
でもあくまでも冷静に・・・。
大人の対応を心掛けました。
浩&陽希_04

人の痛みのわかる大人になってほしいと心を鬼にして教育的指導をさせていただきました。
浩&陽希_02

浩&陽希_03

すると陽希もすっかりわかってくれた様子で、おとなしくしてくれました。


いやーしかし、子供って大変ですわ!
弟も妹も大人になったもんだと、ひそかに感心したお兄ちゃんでした。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

究極のメニュー VS 至高のメニュー

新米の季節がやってまいりました。
新潟人に生まれてよかった~ですね!
ただでさえ新潟のお米はうまい!です。
でもその美味しさ、お米のもつ真のうまみ、本当の輝き・・・皆様は100%引き出しているでしょうか?



~とある日の日曜日~

日曜日は当店の定休日ですが、僕と店長は仕事があって出勤しておりました。
すると僕の携帯に着信が・・・。

「はいこんにちは!ヒロシですぅ!」

「ヒロシくん今大丈夫です?」

「大丈夫ですよ」

「ごめんね、休みらってがに」

「いえ、今日は仕事をしていました」

「ほんと?ごめんね仕事らってがに、おじゃまらったろっか?」

「いえいえ全然そんなことないですよ」

「ヒロシくん食べたよぉ~・・・」

「食べた?何をですか?」

「ご飯らてぇ~!もうすっっっっっっっっっっっっっっっっっごい美味しかったんだってば~~~!!!!ご飯!!お米がつやっつやで旨みと甘みが一粒一粒にギュッて凝縮されてるんだってばぁ~~!!もう今までのお釜で炊いて食べらんねぇ~てぇ~!!」

「そーですかぁ!そんなに違いますか!へぇ~是非僕も食べ比べしてみたいもんですねぇ~!」

「ほんとヒロシくんも食べてみたぁ~!今度おにぎりにして持っていくから食べ比べしてみてよ!」

「是非よろしくお願いします!楽しみに待ってますから!」

「はーい!ではまたねぇ~

電話のお相手は、先月行われたPanasonicの合同展示会にて
「SR-SK102」というIH炊飯器
SR-SK102
をご購入いただきましたお客さまでした。

そーなんです!
この炊飯器・・・。
めちゃめちゃええやつなんです!クゥ~~!
ここのブログでの商品説明は割愛させていただきますが、とにかくパネーやつなんですって!
どうしてめっちゃええやつかわかるかといいますと、僕自身昨年の松下幸之助商学院での研修期間中に食べ比べる機会がございましてその時にえらく感動して全身の力が抜けて手から箸が落ちたほどですから、今回のお客さまの反応は当然の反応なのです!!
いやほんとに!!


という展開がございまして早速お客さまおにぎりを作って当店にお持ちいただきました。これはうれしいやらありがたいやら!
おにぎり

お米、水、とぎ方などの条件は全て一緒です。
違うのは片方が他メーカーの炊飯器(といってこちらも高級機種です)で炊かれたおにぎり、もう一方が今回の「SR-SK102」で炊いたおにぎりというわけです。

まずは当店を代表して店長がパクリ。
店長

次に母がパクリ。
オフクロさん

そして最後に皆さんもご存じ、“美食倶楽部”代表のヒロシがパクリ。
店長と母に代わってリアクションを承りました。
浩1

浩2

浩3

浩4

浩5

やるやるとは聞いてましたが、Panasonic・・・ここまでやるかと・・・。
皆さんもどこかで召しあがれるチャンスがあれば是非お試しあれ!
え?お前のところで試させてくれ?いや~もっともな意見ですなぁ~!


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

ぱなこすもすひろかわ

Author:ぱなこすもすひろかわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。